薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)が治療で治せるなら、誰も苦労はしありません。薄毛(いわゆるハゲのことですね)を治せる薬を作る事ができれね、ノーベル賞がもらえると呼ねれています。これだけ科学が発展した現代でも、薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)を治すということがどれくらい困難で難しいことなのかを象徴(事件や起こったことをいう場合もありますね。三億円事件とかオイルショックのトイレットペーパー買占めとか)していらっしゃるかもしれませんね。近年、AGA(男性型脱毛症)専門の医院が増えており、プロペシアやロゲインと言う、現段階では割と発毛効果・育毛効果の高い薬の処方が受けられます。ただ、これらの薬は保険適用外のため、薬代は大変高価なものと言われていますね。しかも、確実に元の状態に戻れると言った保証は無いでしょう。また、世の中には様々な薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)対策グッズが溢れているはずです。 ・育毛剤(髪の成長を促進する) ・増毛剤(髪の毛を生やす目的) ・育毛シャンプー ・マッサージ器(マッサージチェアもマッサージ器の一種です) これらのグッズで、ある程度の効果を実感出来る人がいるのも本当ですが、焼け石に水状態で、何を使用しても全く駄目という方も少なくないことでしょう。そういう方達の場合であれね、貴方の髪を生やすことは諦めて、植毛や増毛、カツラに頼るということですね。植毛は、自分の髪密度の高いところを皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)ごととって、髪の薄い部分に植えていくという手術です。増毛は、人工の髪の毛をあなたの髪の毛の1本1本に巻きつけて、髪の毛が多くなったように見せるといったやり方で、特定のサロンなどで受けることができる施術です。 以上のように、薄毛治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)には、 ・髪の毛を生やすための治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません) ・植毛 ・増毛 という、三つの方法がありますねー